BXI Builingual System started translating.
Language

天然素材開発-糖鎖-

ABOUT糖鎖とは

免研アソシエイツ協会が運営する、「免研CAM」では、西洋医学医療以外の治癒方法として、「糖鎖」と呼ばれる細胞の一部に着目して研究してきました。

補完代替医療としての「糖鎖」

人間の体を構成する細胞1つ1つに産毛のようなものが生えているのはご存じでしょうか?それが「糖鎖」です。

約60兆個の細胞の周りに産毛のように結合した糖類の総称。
細胞のアンテナという人もいます。

長年の研究により、その糖鎖が、細胞間のコミュニケーションに重要な役割を担っていることがわかり、糖鎖の異常が病気を引き起こすと考えられるようになってきました。

糖鎖を補給することが病気改善に重要といわれています。
赤血球表面の電子顕微鏡図

「糖鎖」はこんな方におすすめ

  • 現在ガンを患っておられる方
  • 長年病院での治療を受けているが、治療効果が現れない方
  • 慢性の病気で治る見込みが少ないと言われ、諦めている方
  • 難病と診断され治療中だが、徐々に悪化しておられる方
  • 西洋医学では治らないと言われ、対症療法だけではどうにもならない方

「糖鎖」は細胞を正常化する

糖鎖は、その細胞の表面に取り付いて、細胞同士が情報交換するときのアンテナ(レセプター)の役目を果たしています。

その働きは、細菌・ウイルス・がん細胞・毒素などの見かけ ないものを発見し、その情報を身体の司令塔である脳に伝達し、免疫系に指令をして、白血球・免疫細胞の出動を命令、侵入を阻止します。

また、ホルモン作用、生体の防御機構である免疫機能やウイルスの感染などにも関係しています。


例えば、インフルエンザやコレラなどの感染症では、病原体や毒素が特定の糖鎖に結合して病原性を発揮させています。
がんになった細胞は糖鎖の構造が変わり、転移しやすくなることも報告されています。
つまり、免疫疾患やインフルエンザ、エイズ、リュウマチ性関節炎、花粉症など、ほぼ全ての病気は糖鎖の働きが低下することで様々な病気が引き起こされていると考えられます。

糖鎖を活性化させ、機能を正常な状態にすることが大切です。
糖鎖の働き
血液型の決定
血液型のA、B、AB、O型は血球の糖鎖の種類の違いによって決定されています。
細菌やウィルス感染予防
細菌、ウィルスなどの病原菌が体内に侵入したとき、最初に病原菌の種類を判別するための情報の読み取り、解読して感染を予防する為の免疫対策を整えるには糖鎖がセンサーの役割をしています。
腫瘍、ガンなどの異常増殖
細胞がガン化すると細胞表面の糖鎖の分子形状に分枝化などの変化が起こります。この形状分枝変化が大きいほどガン組織の増殖速度が速くなると言われています。ガンの転移にも糖鎖が関係しています。
恒常性の維持
細胞単位の生命活動における糖鎖の機能は、細胞の集合体である体の組織、器官の機能を正常に維持し健康体を保つ恒常性(ホメオスタシス)の基本になります。糖鎖は、神経伝達、骨髄細胞の血球への分化、細胞間の自己・非自己認識、プログラムされた細胞死(アポトーシス)など多くの生命現象に関わっていますので、病態の解明、診断、治療など臨床応用への今後の研究が注目されてます。

糖鎖を構成する糖

糖鎖は細胞膜の蛋白又は脂質と結合して細胞表面に多数存在し、それらの糖鎖はグルコース、ガラクトースなどの単糖類がグリコシド結合、分枝してできています。単糖類にはペントース、ヘキソース、アミノ糖、ウロン糖などを含め組み合わせが多く、糖鎖の種類は膨大な数になります。

通常は、食事から摂取する糖質栄養素から糖鎖が体内で生合成されていますが、できるだけ多種の単糖類を摂る為に糖質栄養素含有食品を摂取することには意義があるでしょう。

開発者(代表理事)の著書糖鎖の健康学~補完代替医療のトップランナー~

山本英夫(NPO法人補完代替医療推進センターCAM理事長)の著書です。

田中久京都大学名誉教授・京都薬科大学元学長、水野雅史神戸大学大学院教授など7人の研究者、医師らによる共著。
2007年10月17日水曜日、ライブストーン 星雲社より発売しました。
定価1470円(税込み)


健康と長寿のカギは細胞の先端にあった。細胞間の情報伝達を行う糖鎖と糖鎖栄養素とは何か。生命科学の成果を健康と長寿に活かす21世紀補完代替医療(CAM)の最先端を紹介し、細胞レベルの健康法を解説します。
糖鎖の健康学~補完代替医療のトップランナー~

TOPICKS糖鎖についてのトピックス